店内の様子

ハワイ在住日本人の溜まり場 居酒屋『チョコハウス』が閉店

ハワイの隠れ家的居酒屋

私が友人たちとワイキキでお酒を飲むときにもっとも多く利用してきた居酒屋『チョコハウス』が、2016年7月31日に閉店しました。5月に10周年を迎えたばかりでした。とても寂しいニュースでした。

ハワイアンモナークホテルの一階にある入り口
ハワイアンモナークホテルの一階にある入り口(2016年7月)

チョコハウスは、ワイキキの西側(アラモアナ側)にそびえるハワイアンモナークホテルの一階にありました。外から見てもここに居酒屋があるなんてなかなかわかりません。そして中に入ってみると意外に広いので最初はみんなびっくりします。

海の家のような店内
海の家のような店内(2010年7月)

海の家を彷彿させる気取らない雰囲気が居心地良くて、特にハワイ在住の若い日本人がよく集まるお店でした。

表看板
表看板(2012年1月)

チョコハウスという名前は、“チョコママ”さんの愛犬の名前「チョコ」に由来します。表看板にはチョコのイラストが描かれています。

リーズナブルで美味しい料理

ダイナマイト
人気メニューのダイナマイト(2010年3月)

料理は鶏の唐揚げ、さば塩、豚しゃぶサラダ、たこわさびなどの定番居酒屋メニューからお寿司やお刺身までどれも美味しくてリーズナブル。多くのメニューが10ドル以下なのは、ハワイでは破格です! シーフードがたっぷり入った特製グラタン “ダイナマイト” は、火を使ったプレゼンも素敵で人気がありました。私の一番のおすすめはハワイ産の新鮮なクレソンを使ったクレソンサラダでした。

舟盛りのお寿司
舟盛りのお寿司(2010年3月)

お寿司やお刺身は、予算に応じてお任せセットや盛り合わせを作ってくれます。ハワイでは珍しい舟盛りも!

お刺身盛り合わせバースデースペシャル
お刺身盛り合わせバースデースペシャル(2016年5月)

友達の誕生会では、キャンドルを添えた素敵な『お刺身盛り合わせバースデースペシャル』を作っていただいたこともあります。盛り付けにシェフのセンスがキラリと光ります!

お酒はキリン生ビールやいいちこ焼酎などのほか、真澄、出羽桜、久保田、八海山などの日本酒も揃えてありました。

店内の様子

パーティション仕切られた店内
パーティション仕切られた店内(2016年6月)

店内はカウンター席と、竹のパーティションで仕切られた半個室が4つ、さらにカウンターの後ろと入り口外側にもいくつかテーブルがあり、大人数の場合はパーティションを動かして大部屋を作ってくれました。

半個室
6名まで座れる半個室(2010年3月)
大部屋
パーティションを動かして20人が座れる大部屋も作れた(2012年1月)

思い出の場所

2006年のオープン以来、私はチョコハウスに数え切れないくらい何度も通い、数え切れないくらいたくさんの友人と出会い、交流を深めました。歓迎会も、お別れ会も、結婚式の二次会も、誕生会も、ハワイの仲間で集まるときはいつもチョコハウスでした。チョコハウスで飲んだ後、みんなでワイキキの中央エリアまで20分ほど歩いて、カラオケボックス「GS Studio」で二次会というのが鉄板の流れでした。それももうできません。

店内の様子
閉店2週間前に撮影した店内(2016年7月)

10年間のハワイでの思い出がいっぱいつまった大切な場所がなくなってほんとうに寂しいです。

いつもフレンドリーなチョコママとスタッフの皆さん、10年間ありがとうございました!

店内の様子
最新情報をチェックしよう!